預金金利が高い!

ネットバンクの大きな特徴の一つに「金利」があります。

預金金利には普通預金と定期預金がありますけど、
このどちらも一般銀行に比べて高い水準にあります。


普通預金の場合であれば、
大手ネット専業のネットバンクの預金利率はメガバンクの
1.5倍〜2.5倍の金利を設定しているのが通常です。

普通預金の金利などあまり気にする事はないかも知れないですが、
現状(2009年05月)でネットバンクが0.1%〜0.25%。

大手メガバンクが0.04%ですから、
その差は2倍〜6倍といった所です。

得られる金利が低いので、
1年間で1000万円預けていたとしても、
ネットバンクで1万円〜2.5万円。

一方のメガバンクで約4000円です。

さすがに1000万円なら違いも分かりますが、
普通は数十万円〜数百万円程度だと考えると、
違いは数百円〜数千円です。

そんなに変わらないように感じますが、
同じように利用していてもらえる金利がこれだけ違うわけです。


そしてもっと大きいのが定期預金です。

一般の定期預金の場合、
キャンペーン時を除いてもネットバンクの金利は
一般銀行より1.5倍〜2倍程度の金利を設定しています。

ネットバンクのキャンペーン時はこの差は更に大きくなります。

通常のメガバンクで1年ものなら0.25%程度。
ヘタをすれば、ネットバンクの普通預金と変わりません。

一方のネットバンクの定期預金ですが、
およそ現時点(2009年5月)なら1年ものの定期預金で
0.5%〜1.1%ぐらいが設定されています。

定期預金なので、100万円程度を預けたとして考えると

メガバンクの場合で約2500円。
ネットバンクの場合なら約5000円〜約1万円。

これだけの差が出てきます。


個人的には定期預金を考えるなら、
キャンペーンの有無に関わらずネットバンクの定期を選びます。

特別大きな意味が無い限りはわざわざ金利が低い定期預金を
選ぶ必要がありませんからね。


あとネットバンクの場合にはに定期預金の預け入れ額の基準が
一般銀行に比べて低く設定されている事も大きいと思います。

例えば、ネットバンクで店舗を持っている新生銀行の場合など
窓口では300万円以上からの預け入れとなっているのが、
ネットからの預け入れは100万円から可能。・・・といった事などです。

現状は金利が低い状況なので、
固定金利と変動金利で預け入れを分散したい場合など、
少額から預け入れ可能なのはメリットがあると思います。


普通・定期とどちらの場合でもネットバンクは有利です。
普段の入出金や生活口座として使わない場合でも、
金利のメリットを活かす為に金利の有利なネットバンクはオススメです。

有利で安心できる人気のネットバンク BEST3
1位:住信SBIネット銀行
2位:じぶん銀行
3位:ジャパンネット銀行

おすすめの金融サイトたち